サービスを使うユーザのことを思う・・・インフィリック

東京都にて2005年に誕生したインフィリック株式会社は、ITインフラをメインとしたサービスを提供しています。

また、代表の清水優は、顧客と利用者が同じであればいいと語っています。
たとえば、携帯電話の製造メーカにとっての顧客(携帯通信会社)ですが、利用者は携帯電話を使う個人です。
仮にメーカーが利用者のことを考えずに顧客のために製品を作っていけば必ず、ずれが生じてきます。
こうしたことは今の世の中ではよくあることで、明らかにメーカーが利用者ではなくて販売する側に向けた商品を作っているというところがあります。
実際のところ、これが原因となり一気に評価を落とした企業もあるくらいです。(http://www.infilic.co.jp/shimizu/?p=4278)

IT業界も同様かもしれません、
新しい技術、難しい技術であることは利用者にとってはどうでもいいことなんですね。
使いやすいこと、安心して使えること、安価に使えることが利用者にとって価値があることです。

インフィリック株式会社である清水優は、顧客のさらに先にいる利用者のことも見据えて、顧客と同じように大事にすることを考えているのです。
これが自分たちの価値が正しい姿を保つために大切なことであるとしているわけです。

会社というものは、どうしても利益を優先させるべく動く傾向がありますので、本当に優先すべきところとのジレンマを生むこともありますが
インフィリック株式会社はそうではなく、顧客にとって価値があること、つまり、本質を考えて、サービス提供や提案を行っています。
そして、利益については最終的にお客様が満足してくれたことに対する対価、すなわち結果であるとしているのです。
先に結果を求めるのではなく、そこに至るまでのプロセスを重視することにより、会社の価値を高めているわけです。
これは、口で言うのは簡単なことですが、達成させようと思ったときは、とても難しいですし労力もかかるものです。ですが、あえてそれを清水優は会社の目標として掲げているのです。

お客様のために、という思考を持っている会社は山ほどありますが、インフィリック株式会社は正にそれを地で行っている会社だと言えます。そのような会社は社会的にも認知され、末永く生き残っていけることも間違いないことでしょう。誕生が2005年とまだまだ新しい会社であるため、伸びしろは無限大だと言えます。
インフィリック株式会社のより一層の発展に、今後も期待していきたいところです。

成長し続けるインフィリック

世界ではIT企業が目覚しい成長を遂げていますが、インフィリックも成長著しい企業です。インフィリックで提供しているサービスは、クラウドコンピューティングサービスを活用して柔軟性、機動性あるシステムインフラ環境の設計を得意としています。2009年から自社環境でサービスが始まり様々なサービスのインフラ環境を実現させてきました。この指揮を執ってきたのがインフィリック社長の清水優になります。

清水優は常にお客様にとって最も価値があることを提供し続けることを意識しながら会社を成長させてきました。本人が書いているブログでも以下のように語っています。

「人生も仕事も何度だってやり直しはきく、だから失敗を恐れずにとにかく挑戦する事」

失敗を恐れていたら前に進むことができないので、そうならないためにも失敗を恐れずに行動することが大切だという考えがあるので、常に社長が先頭になって会社が成長し続けています。

中途半端な選択をしないでこれだ!と思ったらひたすら前に突き進む社長の姿勢を社員は見続けてきました。これからもこの姿勢を忘れることなく社長と社員が一丸となってインフィリックが発展するよう邁進し続けます。

社長ブログ:
「全部ひっくるめて生きること」

表と裏

インフィリックの社長が分かるブログ

インフィリックの社長である清水社長は自身のブログを持っていて、自身の思いや心境、企業についての事柄を、定期的に更新されています。インフィリック株式会社のホームページからもブログにアクセスができるので便利です。

このブログでは、季節の事柄についても綴られており、年末であれば年末にちなんだ事柄が清水社長らしく気取らず飾らない口調で語られています。12月は、師走ですので気持ちも普段より先走りしたり落ち着かないということもあると社長はブログで語っていて非常に自然体です。一年が終わる時期でもありますが、気持ちの区切りをつけたいということも伝えています。

12月であれば、年末のこの時期にはどのように区切りをつけるのがベストなのか、そういった事柄もブログで話しています。

ブログの一文です。
「まあ12月はやる気持ちも相まって区切りとしてはいいタイミング」

社長は、時期の区切りだけではなく、気持ちの区切りもしっかりとつけていきたいと心がけている様子が伺えます。そうすることで、より自分らしく日々を送ることができると考えているのでしょう。このように、ブログを通して清水社長の考えがよくわかります。インフィリックの社長がどのような人なのか知りたいという方はブログを見るのが良いと言えます。

社長ブログ:
「全部ひっくるめて生きること」

年末だからと…

インフィリック社長は常に先のことも考える

インフィリック株式会社は、代表者の清水優が中心になって会社を引っ張っています。清水優の人間性は素晴らしいと感じる部分が多く、沢山の人々の共感を得ています。彼の人間性を知る効果的な方法は、インフィリックのホームページに有るブログです。

このブログでは、清水優自身が日々の信念や思うことなどを社長らしく綴っています。最も最近の社長の言葉です。

「今日よりも明日、この1年よりも3年5年、10年後のことをおもうこと」

これは、清水社長のブログの一文ですが、この言葉からも清水優という人物について伺い知れます。ただ今日のことだけを考えるのではなく、その先のことも意識して日々を過ごす、ということ。それは、何も不確実なことばかりに分散するのではなく、自分がその中でも最もやりたいことや好きなことに焦点を当てていきます。高い向上心と意識を持って過ごしている清水社長だからこそ出来る前向きな信念といえるのではないでしょうか?もちろん、清水社長にとってそれは会社や社員も同じでそれぞれ必要なことは何かということを常に考えているからこそ、今のインフィリック株式会社があると言えるのです。今の清水社長のまま前向きに会社を成長させていって欲しいです。

社長ブログ:「全部ひっくるめて生きること」

感情に流されず

モチベーションについて考えるインフィリック社長

システムエンジニアリングやクラウドコンピューティングなど、ITインフラ整備を手掛けるインフィリック株式会社。代表取締役の清水社長は、定期的なブログ更新を行うことで有名です。

先日、インフィリック株式会社の社員に向けて、モチベーションのあり方について話していました。モチベーションを付けるための目的はさまざまです。顧客、組織、仲間、社会など、社員一人ひとりがさまざまな「・・・のために」を考え、想いを持って接することが大切だと言います。

「この会社にも、多くの『・・・のために』を持っている社員がいます」

清水社長は、社員がモチベーションを持って仕事をしてくれていると考えています。2005年に設立し、わずか10年の間に大きな会社へと成長を遂げた理由は、「・・・のために」という想いを持ちながら仕事をしている社員がいたからからこそです。

清水社長は、インフィリック株式会社のリーダーとして、さらに高いリーダーシップを持って社員を引っ張っていくという想いを持っています。ちなみに、この記事の最後に入っているyoutubeの音楽紹介では、映画『スワロウテイル』の主題歌が含まれていました。1990年代に青春を過ごしたであろう、清水社長の人生観がうかがえます。

社長ブログ:
「全部ひっくるめて生きること」

モチベーション

インフィリック株式会社
http://www.infilic.co.jp/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新投稿記事

  1. エス&ケイ(株)はweb制作事業を手掛けている会社です。今まで数々の案件を担当してきており実績があり…
  2. 岐阜 着物レンタルをお探しの方はブライダル結衣へご相談下さい。着物レンタルからヘアメイクまで全て1店…
  3. 日常の生活において眼精疲労や肉体疲労などを、感じている人も多くいることでしょう。そういった症状の改善…
ページ上部へ戻る