節電に取り組む企業や工場へおすすめのecomo(エコモ)節電~1~

地球温暖化が進行し、膨大な被害が広がり始めている今、私たち国民一人ひとりが社会をよくしていかなければなりません。そして、多くの二酸化炭素排出量を減らすためには、企業や工場の改善が必要不可欠です。ではどのように省エネや節電をしていけばいいのでしょうか?詳しくお話ししていきましょう。

1.意識改革
2.一時的ではなく永久的に
3.企業で節電をするメリット

1.意識改革

一番初めに欠かせないのが意識改革です。一人ひとりが気をつけなければならないのはもちろんのこと、企業や工場が意識啓発に取り組むことはとても重要です。東日本大震災以降、社会が一丸となって省エネや節電に取り組んできました。一部の地域では停電もありました。しかし最近は電力の供給が安定してきたからか、節電意識が弱まる可能性があります。月間最大電力発生日を震災直後と直前を比べてみると、明らかに直後の方が月間最大需要は減少しています。意識改革だけでもそれほどの違いが出るのです。

2.一時的ではなく永久的に

節電というと、会社や工場の電気機器(パソコンやプリンターなど)の使用を減らすことなどで、比較的費用や時間、労力をかけずに、すぐに効果が出るというイメージがあるようです。しかし、節電は一時的なものだけであってはなりません。省エネという観点から見ても永久的に定着していくことが大切です。

3.企業で節電をするメリット

企業で節電をするメリットとして大きいものは、電気代の経費が削減されることです。企業にとって経費削減は頭を抱えるケースもあるとても重要なテーマであり、より効率的な企業経営を進める上で非常に大切だと言えます。

さらに、節電は企業全体が一貫で取り組む必要があるため、社員一人ひとりの意識がとても大切です。社員が、各々のパソコンや様々な場所にある照明などに関する節電に対して進撃に取り組むことで、無駄をなくす意識が浸透し、さらに仕事や作業効率の改善、人件費の削減などにも繋がるでしょう。また、企業を上げて節電に取り組むことでエネルギー消費量が減り、地球温暖化の防止効果が期待できますし、節電を意識していることを社会にアピールすることで、その企業の社会的評価も高まります。

このように、企業が節電をするメリットは単に経費削減だけではなく、企業のイメージアップなどさまざまな方面で期待できるでしょう。

経費削減!安心安全の「次世代節電ユニットecomo」を使って経費削減・省エネ!

エコモホームページ
http://ecomo.website/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

最新投稿記事

  1. 近年、訪日外国人旅行者の旅行消費、いわゆる「インバウンド消費」が増加しています。観光庁によると、20…
  2. 地球温暖化が進行し、膨大な被害が広がり始めている今、私たち国民一人ひとりが社会をよくしていかなければ…
  3. エス&ケイ(株)はweb制作事業を手掛けている会社です。今まで数々の案件を担当してきており実績があり…
ページ上部へ戻る